cat

英語学習の常識を書き変えます。 The last word in English learning.

音読は、英語をそのままで理解しやすく、あなたの表現をより正確なものにします。
文節で区切り、印象に残る生きたフレーズの音読で英語を自動化すると、ふいに言葉の表す
イメージが浮き上がってきます。英語を美しく、話しやすく仕上げるために必要なものがすべて
揃ったパワフルな学習法。それが英語の音読です。
Oral reading helps you put English in more direct understanding and more natural style.
Separate in some chunks. Then automate English with reading aloud of dramatic living phrases.
Suddenly, you see what it all forms. Oral reading of English is a powerful learning method
that gives you everything you need to make English that looks beautiful. And talk beautifully.

最初の一冊を読み終えた瞬間に、英語で言葉を話すことがどれほど自然なことかに気づくでしょう。 From the first book you read through, you'll realise how natural it is to say words in English.

名古屋の英語学習者のほとんどが実は間違いだらけの勉強をしているんです。「聞くだけで英語がスラスラ話せるようになる」とか、「喫茶店でネイティブと英会話」とか、「Language Exchangeでネイティブとお互いの母国語を教え合う」とか、名古屋では本当にいろんな英語学習の嘘がまかり通って、その甘い誘いに騙されてしまっています。

私たちはこういう英語ビジネスの嘘に騙されず、柔軟な発想で実戦に即した本当に役に立つ英語学習を行っています。

それがネイティブ表現の例文を使った音読です。

私たちは今もっとも旬で画期的な音読メソッドのパワー音読を、考案者で同時通訳者の横山カズ氏から直接ご指導いただいた方法で実施している名古屋で唯一のサークルです。

言葉を使って生き生きと表現する。 Paint a picture with words.

ドラマチックな文章の音読で英語を自動化すれば、言葉が持つ意味が視覚的に描き出されます。
あらゆる学習効果を備えた英語の音読なら、どんな本も読まずにはいられないものに変わるでしょう。
Just automate English with reading aloud of dramatic texts that paint a revealing picture of your words.
Oral reading is fully learnable of English that helps you turn every book into a must-read.

あなたの音読の素材を加えるのに役立つ、すぐれたサイトをいくつかご紹介します。 Here are some great web sites to help create and add resources to your oral reading.

The Stanford Parser

英文を入力すると、文節間で関連
付けられた係り受け木が自動的に
生成されます。
Dependency tree related between
chunks can be generated
automatically when input English
text.

Slash Reading

Slash Readingがあれば、任意の
英文を使って、スラッシュ区切りの
教材が作成できます。スラッシュ
区切りのテキストを作成したら、
AITalkを使って音声素材に加えて
ください。
Slash Reading lets you create
slash separated material with any
English text, and add them
to your audio materials using
AITalk.

AITalk

AITalkを使って音声を作成し、発音を
改善しましょう。英米のいずれかから
選んで、あなたの英文を使って
発声しましょう。
Create and improve your
pronunciation in AITalk. Choose
from British and American of English
and vocalise them with your own text.

パワー音読と実践。 POD(Powerful Oral Reading) and practise.

本を音読する準備ができましたか?パワー音読なら誰でも実践できるので、
言葉を取り込むことにもっと専念できます。
When you're ready to read your book aloud, POD takes the guesswork out of
practise, so you can focus on installing the word on you.

文章を文節に区切る。 Split text in chunks.
文章内に文節区切りを追加するには、目安として前置詞の前にスラッシュを挿入します。なお、手本の音声がある場合は、ポーズの位置にスラッシュを挿入します。 To add chunk breaks in a text, insert a slash before each preposition to get a rough idea. But if you have the model voice, insert a slash before each pause.
日本語で読んでみる。 Get read it out in Japanese.
いったん英語から離れてみます。すると思考のボトルネックが解除され、想像を超えた力が働きます。 Get a step away from English. Then the bottle neck of thinking is broken through and you're more powerful than you think.
文節ごとに一息で読む。 Read every chunk all in one gulp.
文節ごとの日本語訳を念頭に置きながら声に出して読みます。こうすることで英語をそのままの語順で理解できるようになります。 Read aloud with Japanese meaning of the chunk in mind. So you can put English in direct understanding.
感情を込めて英語で読む。 Read in English with emotion.
情緒と英語を合致させます。言葉が感情とともに心に染み込む感覚が味わえます。 Map your emotion and English. Bearing words in upon you with your affections is savourable.
各文節をつなげてゆっくり読む。 Put each chunk together and read slowly.
言葉一つ一つに情緒を吹き込みます。また、正確な発音も意識します。 Make every word come emotional. And be aware of the correct pronounciation.
ナチュラルスピードで読む。 Read at natural speed.
はじめはゆっくり、徐々にスピードを上げていきます。ネイティブスピーカと同じスピードで読み上げます。 Speed up reading over time from a slow pace at first. Eventually read at the same speed as native speaker.
上記②~⑥の手順を15分で完結させます。 Complete the steps from 2 to 6 above in 15 minutes.
これがパワー音読です。 This is POD.
このサークルの音読を名古屋で実施するにあたって、「最強の英語独習メソッド パワー音読入門」の著者でもある、パワー音読の創始者の横山カズさんにご指導していただきました。

私たちからしてみたら、横山さんは英語の神様みたいな存在… そんな人に指導していただけて、私自身もとても勉強になりましたし、参加者の皆さんと行う英語学習など、しっかりとしたものにすることができました。

英文を読もう。 Read English text.

日本語訳をお探しですか? Find japanese translation you're looking for.

英語学習者のみなさんがいつでも英文を理解できるように、英語圏をリードするメディアの日本語版が
そろっています。これらを使えば、内容の理解、音読、英借文を最大限に効率化することができます。
For English learners ready to push their underestanding, these English-speaking world leading media in Japanised versions
that offer maximum efficiency over underestanding, oral reading and borrowed English composition of contents.

The Economist
八方ふさがりの日米関係

平成26年1月18日Jan 18th 2014

原文はこちら: Japan and America: Surrounded by sharks Read original article: Japan and America: Surrounded by sharks
日本と近隣諸国:靖国参拝という賭け

平成26年1月2日Jan 2nd 2014

原文はこちら: Japan and its neighbours: A slap in the face Read original article: Japan and its neighbours: A slap in the face
日本企業とアベノミクス:本音と建前

平成25年11月7日Nov 7th 2013

原文はこちら: Schumpeter: The honne and the tatemae Read original article: Schumpeter: The honne and the tatemae
米国を苛立たせる日韓関係

平成25年11月7日Nov 7th 2013

原文はこちら: Banyan: Spokes and hubbub Read original article: Banyan: Spokes and hubbub
日本の電力:原発を巡る攻防

平成25年9月19日Sep 19th 2013

原文はこちら: Electricity in Japan: Power struggle Read original article: Electricity in Japan: Power struggle
日本の起業家:アベノミクスがもたらす希望

平成25年8月29日Aug 29th 2013

原文はこちら: Entrepreneurs in Japan: Time to get started Read original article: Entrepreneurs in Japan: Time to get started
日本の参院選:雪辱果たし、改革へ

平成25年7月25日Jul 25th 2013

原文はこちら: Japan’s upper-house election: Redemption Read original article: Japan’s upper-house election: Redemption
日本の選挙制度改革:改革阻む一票の格差

平成25年7月4日Jul 4th 2013

原文はこちら: Electoral reform in Japan: Where it counts Read original article: Electoral reform in Japan: Where it counts
不発に終わったアベノミクス第3の矢

平成25年6月13日Jun 13th 2013

原文はこちら: The third arrow of Abenomics: Misfire Read original article: The third arrow of Abenomics: Misfire
日本と東南アジア:手を取り合って

平成25年5月30日May 30th 2013

原文はこちら: Japan and South-East Asia: Hand in hand Read original article: Japan and South-East Asia: Hand in hand
狙われたソニー:さよなら、ジェームズ・ボンド?

平成25年5月16日May 16th 2013

原文はこちら: Sony under fire: Goodbye, Mr Bond? Read original article: Sony under fire: Goodbye, Mr Bond?
日本とアベノミクス(上)(中)(下)

平成25年5月16日May 16th 2013

原文はこちら: Japan and Abenomics: Once more with feeling Read original article: Japan and Abenomics: Once more with feeling
日本:安倍首相のマスタープラン

平成25年5月16日May 16th 2013

原文はこちら: Japan: Abe's master plan Read original article: Japan: Abe's master plan
日本の公的債務:財政再建は置き去り?

平成25年5月2日May 2nd 2013

原文はこちら: Japan's public debt: Don't mention the debt Read original article: Japan's public debt: Don't mention the debt
日本:革命の兆し

平成25年4月11日Apr 11th 2013

原文はこちら: Japan: Revolution in the air Read original article: Japan: Revolution in the air
日本の農業:改革すれば世界と戦える

平成25年4月11日Apr 11th 2013

原文はこちら: Farming in Japan: Field work Read original article: Farming in Japan: Field work
日本経済:アベノミクスの評価

平成25年4月4日Apr 4th 2013

原文はこちら: Business in Japan: Appraising Abenomics Read original article: Business in Japan: Appraising Abenomics
身構える中国と日本:開戦を告げる太鼓の音

平成25年1月17日Jan 17th 2013

原文はこちら: China and Japan square up: The drums of war Read original article: China and Japan square up: The drums of war
日本経済:ケインズと鉄道と自動車

平成25年1月10日Jan 10th 2013

原文はこちら: Japan’s economy: Keynes, trains and automobiles Read original article: Japan’s economy: Keynes, trains and automobiles
日本の新内閣:未来に背を向けて

平成25年1月3日Jan 3rd 2013

原文はこちら: Japan's new cabinet: Back to the future Read original article: Japan's new cabinet: Back to the future
イギリスの高級新聞The Economistは松本道弘氏がTime以外に薦める多読素材です。

でもいろんな単語が難しくてなかなか理解が進まない…なんて人もいるんではないかと思います。そんな人たちのために原文と日本語訳のリンク一覧を用意しました。

私たちは名古屋でThe Economistの読解を毎週実施している唯一のサークルです。
音読は、英語を進化させることができると信じています。 We believe in the power of oral reading to transform English.
english_expressions

ロゴ 英語表現道場 English Expression Dōjō

愛知県名古屋市の英会話サークル、名古屋英語ディベートサークルの活動では、英語表現道場の活用によって英語の学び方が大きく変わりました。実例ベースの実用的なネイティブ表現が参加者たちの興味とやる気を引き出し、資格試験の合格率も飛躍的に向上しています。 The English Expression Dōjō has transformed English learning in Nagoya English Debating Circle's activity of English conversation circles in Nagoya City, Aichi Prefecture. A practical example-based native speakers' expression has engaged and motivated participants, and qualifying examination passing rates have risen dramatically.

かねてより新制度の導入が構想されていた。

The adoption of the new system has been previously charted out.

previously:かねてより

その映像を見ると、悲しい出来事を思い出す…阪神・淡路大震災を。

When I look at the picture, it reminds me of the tragic incident.. the Great Hanshin Awaji Earthquake, that is.

it reminds ~ of …:~が…を思い出す

嵐の前の静けさとでも言おうか…

Should I say it is more like the calm before the storm..

say it is more like ~:~とでも言う
the calm before the storm:嵐の前の静けさ

おそらくアメリカ人が自爆テロを見ると〝神風〟を想起するように仕掛けたんだろう。

It seems that they set things up so that when Americans look at suicide terrorism "Kamikaze" is recalled.

set things up so that ~:~するように仕掛ける

やる気のない生徒は教師がどんな宿題を課してもやらないだろう。

No homework the teacher could give will shake undermotivated students up.

shake ~ up:~を奮い立たせる

そんな連中に宿題を出す意味があるのか?

What point is there in giving them any homeworks?

比較的易しいたくさんの文章を繰り返し音読したところ、約3か月後に受けたTOEICで軽々と900点を突破できた。

I read aloud many relatively easy texts and I could break through 900 points on TOEIC about 3 months later with a light hand.

break through ~:~を突破する
with a light hand:軽々と

優れた人間は自分を天才だとは思っていません。

Superior people don't see them as geniuses.


文法ベースの学習法ではいずれ英語の上達が頭打ちになってしまう…そう思えてならなかった。

I could just see the day improvement of my English would have gone as far as it can go with grammar based way to study.
That was how things looked to me.

ネイティブ・スピーカーと同等の英語だって日常会話のあらゆる表現と例文それら全てを音読しさえすれば話せないはずはない。

If you just want to get English abreast of native speakers, when you read aloud every phrase and every illustrative sentence of daily conversation and all there's no reason for you not to be sure to speak.

学校の英語教育になると当然単語の丸暗記になる。

The inevitable result of school English education is rote learning of words.

毛沢東は第二次世界大戦で日本軍に勝利した…とされている。

In World War II Mao Zedong won against the Japanese army... or so the story goes.

これほどまでにインターネット上に情報があるのにも関わらず、喫茶店でネイティブに英語を教わるのは愚の骨頂だ。

Even despite this extent to which how much information there is on the Internet, it's the height of stupidity to learn English from native speaker at coffee shops.

西洋かぶれの人たちは喫茶店でネイティブ・スピーカに英語を習うことが無意味であることを知っていながら、時間と金をドブに捨てることを一向に止めない。

Ultra-Westernised people's throwing time and money down the drain is none the rising above for all their awareness of nothing in learning English from native speaker at coffee shops.

それ以降今日に至るまで、イギリス本国では遥か過去の遺物として忘却の彼方へ消えた5文型が日本の英語教育では金科玉条的な地位を占めている。

English education in Japan takes 5 sentence patterns as gospel from then on to this day that has already passed into oblivion as relic of the far past in Blighty.

英会話スクールの目的は生徒に独学の方法を教えないことで自立させずお金を支払い続けさせることにあります。

English conversation schools' goal is in not showing self-learning methods to make students dependent that would turn them into continuing money payments.

そのためにはまず話せるようになりたい言語のネイティブ表現…一定量の例文が必要だ。


And to that end, you need native speakers' expressions of the language you wish to be able to speak... A specific amount of the illustrative sentences is required.

横山カズ氏の著書「最強の英語独習メソッド パワー音読入門」にある通り、適切な手順で英文を音読すれば英語が口からスラスラ出てくるようになるって。

In a book "The ultimate level of self-taught English method - Powerful Oral Reading Quick Start Guide," it's just as YOKOYAMA Kazu wrote. You will able to get English out fluently if you read English text aloud by an appropriate procedure.

Language Exchangeの参加者は本気で英語を学習しようなどとは思っていません。

Any kinds of language exchange participants don't wish seriously to learn English.

英語を流暢に話せないなら…対訳例文を見つけて次々に音読していけばいいだけのこと。

If you aren't fluent in English, you can just find the parallel corpus and read them aloud one after another, that's that.

名古屋の英語学習者が横山カズ氏の著書を購入するのは、著者が名古屋でセミナーを開催しようと考えるであろうからです。



The reason English learners in Nagoya purchase YOKOYAMA Kazu's writings is what the author is expected to want to hold seminars at there.

自然言語の特徴は文法などという短絡的かつ人為的なルールのような誰から押し付けられたものじゃなく、同じ文化を共有する人々が自由に言葉を発している中で、自然発生的に言葉遣いの傾向性として生まれてきたってのが正しい見解だ。

Features of natural language can't be something rule as simplistic or man-made as grammar. Rather, while people uttered free words who shared the common culture, they were spontaneously born as tendencies of the expressing. And this is the correct opinion.

共産党は支持率を増やしたくなくてそうするのです。

The Communist Party does so not to want to boost its approval ratings.

音読によって私は英語が話せるようになったのです。

It was oral reading that enabled me to speak English.

ここの参加者は試験の点数稼ぎを期待してではなく、実践的な英語力を身につけるために音読を行っている。

The participants here don't read aloud in hopes of getting highest score in examinations but for learning practical English ability.

英語道場は審判に対してではなくて対戦相手に向かって立論と反駁を行うイカサマディベートが正しいと盲信しようとする。

English Dōjō blindly believes that it is correct to have fake debates doing their constructive and rebuttal speeches not to the adjudicator but to the opponent.

ネイティブ信仰は英会話ビジネスが営利目的で言っていることなので、喫茶店で奴らに英語を教わってもクソの役にも立ちはしない。

The English Conversation Business gives us the faith in native speakers teaching for profit, so no matter what we are taught English by such men at coffee shop, it still won't be worth shit.

彼らは栄養ドリンクをせいぜい気休め程度としかとらえていない。

They view energy drinks as cheer-up at best.

どういうわけか英検1級で際立つのが日常会話ではまずお目にかかれそうもないマニアックな単語なので、実用英語技能という名にふさわしいほどの内容とは口が裂けても言えない。

For some reason, a hallmark of 1st grade of the EIKEN Test is geeky words that almost never seem like we're likely to know in our daily conversations, which means that we could never say they have contents worth the name "Practical English Proficiency" even if our mouths were to split.

参議院予算委員会での一連のやりとりは、以下のとおりです。


A set of give-and-take exchanges at a House of Councillors Budget Committee session are as follows.

英語を身につけるには膨大な英文を読む必要があると聞いたことがありますが、およそ100万語の多読を最後まで行うと実用レヴェルに到達するのです。

I have heard that you should read reams of text to acquire English, and approximately one million words of extensive reading right to the end will make your English reach to practical level.

音読を始めて以来、英語の実力は学業成績の良し悪しと無関係に伸び、数年前にはバイリンガルまであと一歩になっていた。

Since I started oral reading my English ability had improved, with good school records as well as bad, to the level at the very last minute to bilingual some years ago.

多くの日本人にはネイティブ・スピーカの前では何も思いつかないことがよくありますが、英語道場まんてん名古屋守山校はアメリカの教育理念が目指すのと同じように英語の訓練を通して論理的思考力と批判的思考力を育むことを目指す英会話スクールです。

In front of native English speakers, it's customary for many Japanese people not to be able to think of anything, but English Dōjō Manten, Moriyama is an English conversation school to aim at fostering the ability of thinking logically and critically through English training in the same way American educational ideal aims.

いま、日本は空前の英語ブームで、今後英語に対する需要が増大するのは確実ですが、英会話スクールがどれもボッタクリ揃いの中で英語道場まんてん名古屋守山校はプラグマティズムの観点から、将来役に立つ力の習得を実現させることを目指しています。

Right now, a fad for English is sweeping Japan, and the needs of English are bound to grow hereafter. So English Dōjō Manten, Moriyama hopes to make learning useful ability in the future be a reality from the standpoint of pragmatism in the fact that English conversation schools are quite lineup of daylight robberies.

日本の至る所で見かける英会話スクールの大半がクソの役にも立たないことばかりやっていることがお分かりいただけるかと思いますが、元々そうして意識の低い莫迦を来させるための餌に過ぎない中で、英語道場まんてん名古屋守山校は自他共栄の精神を大切にし社会貢献を目指しているものの、その努力が実を結ぶのはまだしばらく先だと言わざるを得ません。

I am sure that one can see most of English conversation schools ran by every company boss in Japan give lessons being not worth shit. But since the aim is always to lure out deadheads with weak consciousness, the efforts bearing fruit by English Dōjō Manten, Moriyama are still some way off, despite hoping to make a social contribution, to reflect the philosophy of universally mutual prosperity.

英会話スクールの宣伝を見ない日はめったにない昨今、日本人の英語力は低いのが現状で、そしてだからこそ英語道場まんてん名古屋守山校はメンバーの多くが言語学を応用した直読直解法で学習すれば自ずと英検1級あるいはTOEICのAレベル(860点以上)の実力が身に着き、生き生きと英語を話せるようになることを目指しているのです。

These days barely a day passes when we don't see advertisments of English conversation schools but the present situation is that Japanese people have poor skill of English. In addition, all the more reason for English Dōjō Manten, Moriyama to aim at creating a learning environment in which it's only natural that the more of the members' learning in the method of direct reading and understanding applying linguistics will make the more of their acquring the ability of 1st grade of the EIKEN Test or level A of TOEIC and becoming able to speak English in a way that makes their speech seem almost alive.

東京に英語ディベートを English debate in Tokyo
姉妹サークルをご紹介します。 Meet the Sister Circle.
名古屋英語ディベートサークルは姉妹サークルがあるので、東京にお住まいの方も、
英語ディベートの仲間を見つけることができます。
Nagoya English Debating Circle has the Sister Circle, so if you live in Tokyo,
you can find your comrades of English debate.
東京にお住まいの方はこちら。Live in Tokyo? >
相互リンク

名古屋英語道場

    • 英語学習

      説明
      英語学習に役立つさまざまな情報を紹介し、Naverまとめにも取り上げられている。名古屋英語ディベートサークルの紹介記事も掲載されている。

    URL http://www.eigoinjapan.com/english_groups/ngo_debate.html
    英語 in Japanのサイトに遷移しますか?
    • ディベートサークル

      説明
      中高生の全国大会「ディベート甲子園」を主催する全国教室ディベート連盟のメンバーが集まる正当なディベートサークル。名古屋英語ディベートサークルとはこれまでに交流試合を行っている。
    URL http://nakahasi.wix.com/llg-debaters-party
    LLGディベート同好会のサイトに遷移しますか?
    • 英語サークル

      説明
      へなちょこ会社員の同時通訳者挑戦の道!はTOEIC高得点者の会社員が同時通訳者を目指すために立ち上げたブログである。

    URL http://rio990.blog.fc2.com/blog-entry-62.html
    へなちょこ会社員の同時通訳者挑戦の道!のサイトに遷移しますか?
    • 英語サークル

      説明
      ESSかたつむりは愛知県豊田市で活動する英会話サークルで、中級者向けの土曜会、中級以上の英語道研究会で成り立っている。また、初心者向けの姉妹グル―プ「チャレンジ英会話」もある。
    URL http://www.hm4.aitai.ne.jp/~suzuki-f/
    ESSかたつむりのサイトに遷移しますか?
    • リンク集

      説明
      英会話サークルのリンク集で、全国の英会話サークルの情報を集めている。


    URL http://speaking.cozyenglish.net/
    英会話サークル リンク集のサイトに遷移しますか?
    • 英語サークル

      説明
      岐阜英語会はJR岐阜駅構内で活動する中上級者向け英会話サークルで、身の回りのことなどについてディスカッションを行っている。

    URL http://www.gifu-pref.com/eigokai/
    岐阜英語会のサイトに遷移しますか?
    • 英語サークルブログ

      説明
      岐阜英語会ブログはJR岐阜駅構内で活動する英会話サークル岐阜英語会の活動内容が書かれている。

    URL http://ameblo.jp/gifueigokai/
    岐阜英語会のブログサイトに遷移しますか?
    • 英語サークル

      説明
      Happy Smileは沖縄県浦添市国際センター(JICA)で活動する英会話サークルで、英会話での雑談をメインに行っている。

    URL http://happysmileenglish.ti-da.net/
    Happy Smileのサイトに遷移しますか?